大人の為の部活系ゴスペルSatisfy My Soul(サティマイ)です。大阪中津・豊中・神戸元町・京都・博多天神・東京高田馬場・名古屋で練習しています♪

和訳

和訳

Soon and very soon / Andrae Crouch & The Disciples

1976年、ゴスペル音楽界のスター、アンドレー・クラウチは、「The Blood Will Never Lose Its...
和訳

The Blessing Of Abraham / Donald Lawrence & The Tri-City Singers

彼の神様への従順な姿勢、謙虚な信仰の姿が「信仰の父」として後世の規範となった アブラハムは、旧約聖書で神によって特に祝福...
ゴスペル・スタディ

Nobody Knows the Trouble I’ve Seen / 誰も知らない私の悩み

黒人霊歌の名作!深い悲しみと深い喜びが共存する曲です。 "Nobody knows the trouble I've s...
ゴスペル・スタディ

Take my hand, Precious Lord / プレシャス・ロード

深い悲しみの中に生まれた名曲 「Take My Hand, Precious Lord」は、トーマス・A・ドーシーによっ...
ゴスペル・スタディ

Oh Lord, Stand By Me / Traditional Gospel / 黒人霊歌

「Oh Lord, Stand By Me」の歌詞とその聖書の参照を詳細に解説し、和訳を提供。このゴスペルソングが表現する信仰の力と神への信頼を深く理解しましょう。
ゴスペル・スタディ

Nearer, My God, to Thee /主よ御許に近づかん

「Nearer, My God, to Thee」は、サラ・フラワー・アダムス作詞、エリザ・フラワー作曲による象徴的なキリスト教の讃美歌です。この記事では、ヤコブの夢に触発されたその歴史、タイタニック号沈没時のエピソード、そして世界中で愛される理由を探ります。
ゴスペル・スタディ

AMAZING GRACE (My Chains Are Gone) / CHRIS TOMLIN

"Amazing Grace (My Chains Are Gone)"は、2006年にリリースされたクリス・トムリンの楽曲です。この曲は、伝統的な讃美歌"Amazing Grace"のメロディーに新しい歌詞を付け加えています。トムリンは、元の"Amazing Grace"のメッセージに現代的な解釈を加え、特に神の恵みによる解放と自由を強調しています。
ゴスペル・スタディ

OH HAPPY DAY / EDWIN HAWKINS / SISTER ACT 2

「Oh Happy Day」は、エドウィン・ホーキンスのアレンジとフィリップ・ドッドリッジの古典的な歌詞で構成されたゴスペルソングです。この記事では、曲の歴史、意味、そしてキリスト教の教えがどのように反映されているかを解説します。"
ゴスペル・スタディ

Why We Sing / Kirk Franklin & The Family

「Why We Sing」は、ゴスペル音楽の深い精神的意義と、私たちの生活に与える影響に焦点を当てたブログ記事です。歌詞、歴史、そして現代におけるゴスペルの役割についての洞察を探求します。
ゴスペル・スタディ

Goin’ Up Yonder / Tramaine Hawkins(Walter Hawkins)

「Walter Hawkinsのゴスペル名曲「Goin’ Up Yonder」の深いメッセージを探求。信仰と希望、天国への旅立ちをテーマにした歌詞の解析を提供します。」