ゴスペルで有名な曲

ゴスペルで有名な曲

皆さんは、ゴスペルをご存じですか。歴史的背景には、強制的にアメリカに連れてこられたアフリカ系アメリカ人により作られた音楽で、厳しい環境下でつらい日々を明るく元気に乗り越えようと歌われたのが始まりとされています。こうして始まったゴスペルには、素敵な曲がたくさんあります。こちらでは、ゴスペルの有名な曲をいくつかピックアップしご紹介いたします。

オーハッピーディ

1967年にリリースされた、日本人にもおなじみのゴスペルソングです。1993年に公開された映画「天使にラブソングを2」で歌われ、大ヒットしました。皆で歌うと明るく元気になれる、ゴスペルの名曲です。

ジョイフルジョイフル

もう一つ、上記と同様の映画で使用され人気が出たのがジョイフルジョイフルです。劇中の重要なシーンで歌われ注目を集めました。日本では「歓喜の歌」として広く親しまれています。

アメイジンググレイス

18世紀にイギリス出身のジョン・ニュートンにより書き上げられた曲です。航海中、荒波にのまれそうになりながらも奇跡的に助かったニュートン。黒人奴隷貿易商で荒くれ者の自分でさえも赦し、救ってくれた神への感謝の気持ちがつづられた歌です。美しい歌声を持つ人気歌手「ヘイリー・ウェステンラ」により歌われ、世界中で大ヒットしました。

主よ御許に近づかん

19世紀頃、イギリスのサラ・アダムスにより作詞された讃美歌の一つです。アメリカの作曲家であるローウェル・メイソンにより書かれた「ベサニー(Bethany)」の旋律で歌われることが多いです。1997年に公開された映画「タイタニック」やアニメ「フランダースの犬」で使用された曲として有名です。

オー・ロード、スタンド・バイ・ミー

ゴスペルミュージック界の大御所「リチャード・スモールウッド」により作曲されました。「孤独なときも試練のときも神にそばにいてほしい」という思いが込められた曲で、とても明るくノリの良い曲です。

 


お役立ちコラム

  1. ゴスペルを歌う上で大切な腹式呼吸について
  2. ゴスペルで有名な曲
  3. ゴスペルでよく使われる言葉
  4. ゴスペルを楽しく歌う為のポイント
  5. 上手にゴスペルを歌うための喉のケア
  6. ゴスペルの発声法について
  7. ゴスペルソングの種類
  8. 正しい姿勢を意識しよう
  9. 自分の声を知る大切さ
  10. 歌うまえに避けるべき飲み物・食べ物
  11. マイクの購入とスタジオでの練習
  12. 未経験でも安心のゴスぺルレッスン
  13. ゴスペルを笑顔で歌おう
  14. 注意したい「R」と「L」の発音の違い
  15. 受講前には個人レッスン(予習)がおすすめ
  16. ゴスペルを仲間と楽しもう
  17. ゴスペルの受講で意識したいこと
  18. Oh Happy Dayでお馴染みブラックゴスペルから黒人霊歌まで
  19. 50代から始める習い事としても人気の理由
  20. ゴスペルがストレス解消につながるのはなぜ?

上記のようなゴスペルの曲を歌ってみたいと感じた方は、ゴスペル教室ゴスペルスクール)に通いませんか。大阪・京都・神戸でゴスペル教室をお探しの方は、サティマイをご利用ください。今いるメンバーの9割が未経験からゴスペルレッスンをスタートしています。

また、自分の実力を試せるゴスペルイベントゴスペルコンサートにも自由に参加できるシステムを導入しています。サティマイのゴスペルレッスンについて疑問点や不明点があれば、お気軽にフリーダイヤルより問い合わせください。お待ちしています。


Satisfy My Soul 事務局

〒560-0021 大阪府豊中市本町1-7-1蝶六ビル4階


0120-949-386

レッスン中などで電話に出られない時がございます。


お問い合わせフォーム

kingbee33@gmail.com

43879953_898320100374745_2851234577983209472_n

イベント出演のお問い合わせはこちら♪

商業施設や企業などのイベントや季節のお祭り、パーティなどを聖歌隊が彩ります。また「教えに来てほしい」「子供達へ向けたワークショップをしてほしい」などのリクエストがあればぜひお気軽にご相談ください。2、3人の少人数~50人までご希望の編成で伺います。

タイトルとURLをコピーしました