ゴスペルは京都や大阪で都合の良い時間(昼・夜)に定番曲からブラックゴスペルまで学べる【Satisfy My Soul】~ゴスペルとはどういうものか?~

Oh Happy Dayでお馴染みブラックゴスペルから黒人霊歌まで

ゴスペルはメッセージ性のある歌詞が詰まった人生の応援歌

ゴスペルはメッセージ性のある歌詞が詰まった人生の応援歌

ゴスペルの曲調は、ヒップホップやR&Bと似ているものもありますが、大きな違いがあります。それは、歌詞です。ゴスペルには、愛のある言葉や神聖な言葉など、前向きなメッセージがたくさん詰まっています。

人々を勇気づけるメッセージを美しい曲にのせて歌うゴスペルには、人の心を揺さぶる大きな力があります。ゴスペルを聴いて感動し、涙を流す方も少なくありません。もちろんそれは聴く人だけでなく、ゴスペルを歌う人にもあてはまります。

多くの方がゴスペルを歌うことを通じて、沈んでいた気持ちが明るくなったり、日常の様々な出来事に対して感謝できるようになったりという経験をしています。このように、ゴスペルは人の心に響く深いメッセージが盛り込まれた、人生の応援歌として人々を魅了し続けています。

お役立ちコラム

  1. ゴスペルを歌う上で大切な腹式呼吸について
  2. ゴスペルで有名な曲
  3. ゴスペルでよく使われる言葉
  4. ゴスペルを楽しく歌う為のポイント
  5. 上手にゴスペルを歌うための喉のケア
  6. ゴスペルの発声法について
  7. ゴスペルソングの種類
  8. 正しい姿勢を意識しよう
  9. 自分の声を知る大切さ
  10. 歌うまえに避けるべき飲み物・食べ物
  11. マイクの購入とスタジオでの練習
  12. 未経験でも安心のゴスぺルレッスン
  13. ゴスペルを笑顔で歌おう
  14. 注意したい「R」と「L」の発音の違い
  15. 受講前には個人レッスン(予習)がおすすめ
  16. ゴスペルを仲間と楽しもう
  17. ゴスペルの受講で意識したいこと
  18. Oh Happy Dayでお馴染みブラックゴスペルから黒人霊歌まで
  19. 50代から始める習い事としても人気の理由
  20. ゴスペルがストレス解消につながるのはなぜ?

京都でゴスペルに関心をお持ちの方へ
~レッスンの時間や講師について~
京都でゴスペルに関心をお持ちでしたら、【Satisfy My Soul】をご利用ください。教室は京都の他、大阪や神戸にも展開しており、各教室でレッスンの時間が異なります。生徒さんは全レッスンを好きな分だけ受講することが可能です。
ご受講の際は、ご都合の良い教室や時間(昼・夜)をご選択ください。レッスンには講師が一人つきます。講師陣は現役のゴスペルシンガーやピアニストで、クワイア活動の楽しさや悩みを経験しています。そのため、ゴスペルに取り組む皆さんの良き理解者として指導・アドバイスを行うことが可能です。
京都のゴスペルのレッスンで扱う練習曲は定番の曲からブラックゴスペルまで!
京都でゴスペルを学ぶ方にとって、練習曲は気になる点の1つだと思います。ゴスペルのルーツである黒人音楽を大切にしながら、それだけにとらわれることなく様々なスタイルのゴスペルと出会っていただきたいというのが【Satisfy My Soul】の考えです。
練習曲は、Amazing Graceなどの定番の曲からヒルソングや讃美歌、ブラックゴスペルなどの流行の曲まで幅広く扱います。選曲の良さは生徒さんからも好評です。

京都でゴスペルを始めるなら【Satisfy My Soul(京都)】

サイト名Satisfy My Soul ゴスペルクワイア大阪/神戸/京都
レッスン会場スタジオ246 KYOTO
〒600-8389 京都市下京区四条大宮町19 マルヨシ四条大宮ビル5F
ノリキスタジオ
〒601-8003 京都市南区東九条西山王町4-4 珠光ビル京都駅
TEL0120-949-386
URLhttps://i-sms-gospel.jp


Satisfy My Soul 事務局

〒560-0021 大阪府豊中市本町1-7-1蝶六ビル4階


0120-949-386

レッスン中などで電話に出られない時がございます。


お問い合わせフォーム

kingbee33@gmail.com

43879953_898320100374745_2851234577983209472_n

イベント出演のお問い合わせはこちら♪

商業施設や企業などのイベントや季節のお祭り、パーティなどを聖歌隊が彩ります。また「教えに来てほしい」「子供達へ向けたワークショップをしてほしい」などのリクエストがあればぜひお気軽にご相談ください。2、3人の少人数~50人までご希望の編成で伺います。

タイトルとURLをコピーしました