カーク・フランクリンは、1994年にリリースされた大ヒット曲「The Reason Why We Sing」を通じて、教会に通う新しい世代や教会に通っていない子供たちにゴスペル音楽を紹介しました。彼の音楽は、伝統的なゴスペルに新しい息吹をもたらし、幅広い層に受け入れられました。

神童と呼ばれた幼少期、荒んだ思春期

1970年1月26日、テキサス州ダラスに生まれたフランクリンの人生は、幼少期から困難に満ちていました。生まれてすぐに未成年だった母親に育児放棄された彼は、熱心なクリスチャンである叔母ガートルードによって育てられました。ガートルードは、カークの音楽的才能を見出し、彼のピアノレッスンの費用を捻出するために一生懸命に働きました。その結果、カークは若くしてその才能を発揮し、わずか11歳でマウント・ローズ・バプティスト教会の大人の聖歌隊を率いるまでになりました。

しかし、思春期に入ると、フランクリンは反抗期を迎え、荒れた仲間と付き合い始めます。彼はストリートで下っ端の仕事をするようになり、友人の一人が銃で撃たれた出来事をきっかけに、自分の人生を見つめ直すことになります。この経験が、彼に教会への回帰と作曲を始める決意をさせました。

友人の死をきっかけに教会に戻る

フランクリンは、若者たちをストリートの危険から守るために、彼らが愛するヒップホップの要素をゴスペル音楽に取り入れることを決心しました。彼のこの革新的なアプローチは、ゴスペル音楽を若い世代にとってより魅力的なものに変え、多くの若者たちを教会に引き寄せることに成功しました。

カーク・フランクリンの音楽は、ゴスペル音楽の伝統を守りつつも、それに現代の要素を融合させることで、ジャンルの新しい地平を開いたと言えるでしょう。

カーク・フランクリンは、ゴスペル音楽界の大物アーティストとしての地位を確立する過程で、ビービー・ワイナンスやダリル・コーリーのような著名なアーティストから音楽ビジネスについてのアドバイスを求めました。特にダリル・コーリーは、ジョン・P・キーをゴスペル界へ導く手助けもしたことがあります。

ダリル・コーリーの手助けでデビュー

1991年、フランクリンは「ファミリー」というクワイアを結成し、地元でデモテープを録音しました。このデモテープは最終的にダリル・コーリーの手に渡り、彼がビジネスパートナーであるジェネルとヴィッキー・マック・ラタイヤードに紹介しました。当時、ヴィッキーはGospo Centric Recordsを立ち上げようとしており、コーリーはA&Rの責任者、ジェネルはアーティストのマネージメントを担当する予定でした。

最初にレーベルがリリースしたアーティストは成功しなかったが、ジェネルの熱心な推薦により、ヴィッキーはカーク・フランクリンのデモを聴くことになりました。このデモテープは、コーリーが車の中に忘れていたため、しばらくの間、誰にも聞かれることはありませんでした。しかし、最終的にはジェネルとネリー・ディッカーソンがテープを回収し、それを聴いたヴィッキーはその魅力に気づきました。

マック・ラタイヤードはデモテープの録音を磨き上げ、リリースしました。その結果、ザ・ファミリーのセルフタイトルのCDは、1993年7月にゴスペルアルバムのセールスチャートで32位を記録しました。シングル「The Reason Why We Sing」は数ヶ月間そこそこの成功を収め、一巡したかに見えました。

ラジオでのヘビロテがきっかけで生まれた名作

しかし、その後の出来事が、現代ゴスペルの流れを変えることになりました。東海岸のラジオプロモーターであるアイク・オーエンズが、この曲をバージニアのR&Bラジオ局WOWIに送り、プログラムディレクターのスティーブ・クランブリーがそれを気に入りました。彼は何週間も毎日一日中この曲を流し続けたことで、リスナーの反応が驚異的に良かったのです。

その成功は、カーク・フランクリンの2枚目のアルバム「Whatcha Lookin’ 4」のリリースを待つきっかけとなりました。この曲は最終的にR&Bシングルチャートで28位を記録し、彼のキャリアにおける重要な転機となりました。

急遽、突貫で作られたクリスマス・アルバム

カーク・フランクリンは、自身の音楽が時代遅れになることを避けるために、リリース可能なCDを迅速に販売したいと考えていました。しかし、彼のレーベルはセカンドアルバムのリリースを保留にし、代わりにクリスマスCDを急いでリリースすることを決定しました。「その日は7月3日で、母の誕生日だから忘れられない」とネリー・ディッカーソンは回想します。「私たちはダラスに行き、スタジオを借り、クリスマスの雰囲気を作り出しました。クリスマスツリー、七面鳥、ドレッシング、そして緑と赤の服を用意し、1日で全曲をレコーディングしました。」

この取り組みは、カークにとって大きな成功となりました。その年、彼のデビューCDはプラチナに認定され、クリスマスソング「Jesus Is the Reason for the Season」で2曲目のR&Bヒットを記録しました。この快挙は、彼の音楽キャリアにおける重要な節目となり、ゴスペル音楽界における彼の地位をさらに確固たるものにしました。

カーク・フランクリンの音楽は、伝統的なゴスペルと現代的な要素の融合により、幅広い聴衆に受け入れられ、ゴスペル音楽の可能性を大きく広げました。彼の革新的なアプローチと才能は、ゴスペル音楽界における彼の重要性を強調し、新しい世代のファンを教会に引き寄せる役割を果たしました。

ヒップ・ホップの新しさと伝統的なゴスペルの融合

カーク・フランクリンのハードなアーバンサウンド、洗練されたビデオの振り付け、そしてR&Bのサンプリングは、一部のゴスペルアーティストを戸惑わせました。シャーリー・シーザーは、ゴスペル業界誌「Gospel Industry Today」において、フランクリンのスタイルに慣れるまでに時間がかかったことを認めています。「クラーク・シスターズやホーキンス・ファミリーが出てきたとき、それはコンテンポラリーと呼ばれたが、今の音楽と比べれば、それは伝統的なものだ。だから、あと15年経てば、カークのやっていることもトラディショナルになるだろう」と彼女は述べています。

時代のトップへ!

カーク・フランクリンは1990年代にゴスペルを若返らせ、他のレーベルもゴスペルアーティストへの投資を増やし始めました。フランクリンは「Melodies from Heaven」(1996年)や、ファンカデリックのサンプルを使ったゴッズプロパティの「Stomp」などのラジオヒットで大成功を収めました。特に「Stomp」は、ソルト・ン・ペパのシェリル “ソルト” ジェームスをゲストボーカルとして迎え、R&Bシングルチャートで2週間1位を獲得し、ゴスペル曲としては27年ぶりの快挙となりました。

しかし、彼の成功には裏面もありました。フランクリンは「Gospel Industry Today」誌で、聖歌隊のメンバーからの印税に関する抗議を受けたことを明かしています。多くのメンバーが、自分たちが歌っているにも関わらず印税が支払われないことに疑問を持っていました。フランクリンは、アルバムの大部分の曲を自分で書き、プロデュースしたこと、ソングライターとパブリッシャーが自分であることを説明しましたが、ビジネスの仕組みについての理解不足が原因でトラブルが発生しました。これは、メン・オブ・スタンダードなど他のアーティストの訴訟を引き起こす原因となりました。

訴訟問題を乗り越えた後も、カーク・フランクリンは自分の音楽キャリアに力を注ぎ続けました。彼はABCのシットコムの主演企画に多くの時間を費やしましたが、残念ながらこのプロジェクトは制作されることなく棚上げされました。

1999年に発表したオールスター・アンセム「リーン・オン・ミー」には、ボノ、R・ケリー、メアリー・J・ブライジ、クリスタル・ルイスなどの主流派スーパースターが参加しました。この曲はR&Bシングルチャートで26位、ポップシングルチャートで79位にとどまり、レーベルの期待に比べると控えめな成功となりました。この曲のリリース時、R・ケリーに関する複数の「疑惑」が報じられていたため、多くのキリスト教放送局では放送禁止となりました。その後、クリスタル・ルイスとカークのみで新バージョンをリミックスし、ゴスペルやCCMのラジオ局で放送されるようになりました。

ブラック・ゴスペル界という狭い世界には収まらない実験的な活動へ

しかし、フランクリンは再び「ファミリー」のメンバーとの間で訴訟問題に直面しました。彼は新たな少人数編成の「1NC」としてアルバムを発売しましたが、これはセールス的には成功とは言えませんでした。

カーク・フランクリンはその後、伝統的なチャーチ・サウンドに戻りました。2002年に発売されたCD「The Rebirth of Kirk Franklin」は発売週に9万枚以上を売り上げ、ウィリー・ニール・ジョンソン、シャーリー・シーザー、リチャード・スモールウッドなどの伝説的なアーティストがカメオ出演しています。このアルバムは彼のキャリアにおいて新たな方向性を示すものとなりました。

近年、カーク・フランクリンは「カリスマ」誌にポルノ依存症を克服したことを告白し、その経験を通じて説教を始めています。彼は自分自身の弱さと闘い、それを乗り越えた経験を公にすることで、他の人々に影響を与えています。

彼は同世代で最も影響力のあるゴスペルアーティストの一人として、世界からの注目を集めていますが、謙虚な姿勢を保っています。「人気や富、No.1チャート、リムジン、自家用ジェット機を求めたら、神様が『お前はダメだ』と言うのではないかと心配している。そして、私を切り捨てるだろう」と彼は「ゴスペル・トゥデイ」に語っています。「私は神が祝福した汚物でしかない」と、彼は自己認識について語っています。

常に傍にはスキャンダル。でもそれもカーク。

2022年、カークのニュースはスキャンダラスな内容で話題となりました。息子が彼との電話の会話をタブロイド誌に売りつけ、その内容が物議を醸したのです。このような個人的な問題が公になることで、彼のイメージに影響を与えることもあります。

しかし、音楽の分野では彼は相変わらず元気な姿を見せています。特にコロナ禍で多くのアーティストが出演している「Tiny Desk Concert」では、彼のエネルギッシュなパフォーマンスが目撃されています。

投稿者

kingbee33@gmail.com

Satisfy My Soul(略してサティマイ)です。私達は2006年結成、関西(大阪/ 神戸/ 京都)、関東(東京)、中部(名古屋栄)、九州(福岡博多)の4拠点で活動するゴスペル教室です。 コンセプトは「大人の部活」歌い方を教えてもらうだけでなく「自分がどう歌いたいのか?」自分の力で少しずつ掘り下げていきます。 大人になった今だからこそ夢中になれるものが欲しい!!そう思うあなたにぴったりのゴスペルスクールです。 ♪サティマイとは?→プロフィール ♪講師紹介→講師プロフィール ♪無料体験レッスン→申し込みフォーム ♪お問い合わせはこちら ♪お電話でのお問い合わせは→0120-949-386

関連記事

Dottie Peoples / ドッティ・ピープルズ

ドロシー・ノーウッドに誘われシンガーの道へ ...

すべて読む