幼少期(デトロイト)~ワイナンス~コミッションド結成

フレッド・ハモンドの音楽キャリアは、デトロイトでの彼の幼少期から始まります。1960年12月27日に生まれたフレッドは、幼いころに父親を亡くし、音楽賛美奉仕を担当していた母親ミルドレッドによって育てられました。彼は幼少期から教会の音楽に囲まれた環境で成長し、12歳の時には教会の聖歌隊で歌い始めました。フレッドはエドウィン・ホーキンス・シンガーズやアンドレ・クラウチのゴスペル音楽に影響を受けた一方で、スライ&ザ・ファミリーストーンやオハイオ・プレイヤーズ、ブルース・ギタリストのエドガー・ウィンターのような教会の枠を超えたアーティストの音楽も好んで聴いていました。

10代の後半には、母親からベースを買ってもらい、音楽の道を歩み始めます。初めはNormaのベースを使用し、その後フェンダーのプレシジョンベースを手にしました。彼はミッチェル・ジョーンズやマイケル・ウィリアムス(後に「Commissioned」で共に活動するメンバー)と「Saved」というグループを組み、演奏活動を行っていました。彼らはD.J.ロジャースのレーベルHope Songとレコード契約を結びましたが、アルバムをリリースする前にレーベルが解散してしまいました。

1980年、フレッドはワイナンズのバンドのオーディションに合格し、ベース奏者として約2年間バンドをサポートし、プロのミュージシャンとしての経験を積みました。その後、デトロイトに戻り「Commissioned」というグループを立ち上げ、ミッチェル・ジョーンズ、マイケル・ウィリアムス、マイケル・ブルックス、キース・ステイトン、カール・リードと共に6人編成のグループを形成しました。これがフレッド・ハモンドの音楽キャリアの重要な転機となり、彼の才能をより広く世に知らしめることになりました。

コミッションドの成功、その後の方向性の確立

コミッションドのサウンドが当初受け入れられなかった背景には、当時の音楽シーンの変化が大きく関わっています。1980年代はR&Bやソウルミュージックが、従来のバンドサウンドからコンピュータミュージックや打ち込み主流のサウンドへと移行する時代でした。特にデトロイトではモータウンを中心に、実験的で革新的な黒人音楽が多く生まれていました。コミッションドのサウンドもこの時代の影響を受け、機械によるシーケンスを積極的に取り入れたものでしたが、伝統的なゴスペル音楽を愛する保守的な教会からは当初支持されませんでした。

しかし、ゴスペル音楽界の重要人物であり、クラーク・シスターズの母でもあるマティ・モス・クラーク博士が彼らの才能を認め、C.O.G.I.C(Church Of God In Christ)のミュージック・コンベンションに彼らを招待し、フィーチャーしました。これが転機となり、彼らはワイナンズと同じライト・レコードと契約を結びました。

デビューアルバム「I’m Going On」がリリースされると、彼らはフルタイムで音楽活動に専念し始め、週末のコンサート活動で生計を立てるようになりました。しかし、その当時はゴスペル・グループにも多くの誘惑があり、一部のアーティストは薬物や不純な交友関係によってキャリアを台無しにしていました。

フレッド・ハモンドは後のインタビューで、グループが初めは誘惑に流されかけたが、ある時点でメンバー全員が心を引き締め、生活をクリーンにし、全員が結婚するという大きな変化を経験したことを語っています。彼らは「Running Back to You」、「Ordinary Just Won’t Do」、「I’m Going On」などのヒット曲を生み出し、コンテンポラリー・ゴスペル音楽の分野で安定した人気を築きました。

1994年、フレッド・ハモンドはコミッションドを離れ、ソロ活動を開始しました。この決断は彼の音楽キャリアにおいて新たな章を開くことになり、彼はソロアーティストとしても成功を収めることになります。

Radical For Christ ~ ソロ名義へ

コミッションド脱退後、彼は Radical for Christ でソロ活動を開始し、1995 年に 3 枚目のソロ アルバム「The Inner Court」をリリースしました。

フレッドは約15年契約を続けたVerity RecordsからFred Hammond & Radical For Christ名義でさらに3枚のアルバムを録音しました。その後彼はFred Hammond名義で「In case you miss it」というタイトルのアルバムをリリースしました。このアルバムには、Commissioned、Radical For Christ、Hits の再録音が含まれていました。

同年、彼は「Christmas…Just Remember」というタイトルのソロ クリスマス アルバムをリリースしました。

2002年にはコミッションドのメンバーとリユニオン・ツアーを開始しました。ツアー中、ハモンドは 6 枚目のソロ アルバム「Speak These Things: Pages Of Life Chapter 3」に取り組んでおり、リユニオン・ツアーのライブ レコーディングにも取り組んでいました。

この辺からのフレッドの活動は自身の作品制作だけにはとどまらず、多くの若手グループやアーティストをプロデュースします。Speak These Thingsのツアーを始めた. ハモンドが別のアルバムをリリースするのは3年後となりますが この間に彼は18年間連れ添った妻のキム・ハモンドと離婚します。

2004年には「Somethin ‘ Bout Love」、2006年に「Free To Worship」、2009年に「Love Unstoppable」をリリース。2010年に彼は新設したアーヴァン・エンターテイメント・カンパニー「Hammond Family Entertainment」の下で、「Life in the Word」をリリースしました。

このレーベルのレコーディング・アーティストの新作に携わったり、彼が始めた「ウェアハウス・ワーシップ」と呼ばれるウェブシリーズのDVDレコーディングをフィーチャーした. 2012年、初のラブソング収録曲「God, Love & Romance」をリリース。

2013 年、フレッドは久々に男性グループ形式に戻り、元ブラック・ストリートで現在はゴスペルのレコーディング アーティストであるデイブ・ ホリスターやブライアン コートニー ウィルソン、エリック ロバーソンと合流して「United Tenors」を結成し、15 枚目のアルバム (Commissioned を除く) をリリースしました。

フレッドは、歴史上最も有名なゴスペル レコーディング アーティストの 1 人です。「アーバン ゴスペルの父」として多くの人に知られ、数え切れないほどの賞にノミネートされ、グラミー賞、多くのStellar賞とDove賞を受賞し、他の歌手、プロデューサー、ミュージシャンのキャリアに現在も大きな影響を与え続けています。

2010 年から彼はテキサスに住み、TD ジェイクス司教が牧師を務める The Potter’s House に通っています。

投稿者

kingbee33@gmail.com

Satisfy My Soul(略してサティマイ)です。私達は2006年結成、関西(大阪/ 神戸/ 京都)、関東(東京)、中部(名古屋栄)、九州(福岡博多)の4拠点で活動するゴスペル教室です。 コンセプトは「大人の部活」歌い方を教えてもらうだけでなく「自分がどう歌いたいのか?」自分の力で少しずつ掘り下げていきます。 大人になった今だからこそ夢中になれるものが欲しい!!そう思うあなたにぴったりのゴスペルスクールです。 ♪サティマイとは?→プロフィール ♪講師紹介→講師プロフィール ♪無料体験レッスン→申し込みフォーム ♪お問い合わせはこちら ♪お電話でのお問い合わせは→0120-949-386

関連記事

Dottie Peoples / ドッティ・ピープルズ

ドロシー・ノーウッドに誘われシンガーの道へ ...

すべて読む