幼少期~学生時代

ドナルド・ローレンスの音楽キャリアは、幼少期の逆境から始まりました。彼は1961年5月4日に生まれ、実の両親による育児放棄後、育ての親に育てられました。幼い頃から音楽に才能を発揮し、15歳でピアノを独学で弾けるようになりました。子供時代は教会で過ごし、トゥインキー・クラークやマーヴィン・ワイナンスなどのゴスペル音楽に影響を受けました。

ローレンスは1985年にシンシナティ音楽院でミュージカル・シアターの学位を取得し、在学中には友人たちと「カンパニー」というグループを結成しました。このグループは後に有名になるテイク6のスタイルに似たコンテンポラリー・アカペラを演奏し、スピリチュアルなメッセージとアーバンテイストを組み合わせました。

売れっ子の裏方だったドナルド・ローレンス

彼のキャリアは1987年にさらに加速しました。大学の元教授と共に「Sing Allelua」を作曲し、シンシナティ・プレイハウスで上演された後、ニューヨークで公演を行いました。その後、音楽プロモーターのビル・ワシントンと出会い、ピーボ・ブライソン主演の「A Woman Like That」に出演が決定しました。

ローレンスは、R&Bスター、ステファニー・ミルズからのプロデュースの依頼を初めは断りましたが、最終的に彼女の1991年のアルバム『Something Real』に2曲を提供しました。これがきっかけで彼女の音楽監督として活動し、En Vogueの「Funky Divas」ツアーでもボーカルコーチ兼アレンジャーとして活躍しました。

ローレンスは、この経験を通じてR&Bの裏方として名声を得ると同時に、重要な音楽パートナー、ケビン・ボンドと出会いました。彼は「私の多くのプロジェクトはケビンの助けなしには成立しない」と語っており、二人は密接な協力関係を築いています。

Donald Lawrence & The Tri-City Singers として

ドナルド・ローレンスとトライシティ・シンガーズの活動は、1981年にノースカロライナ州ガストニア、シャーロット、サウスカロライナ州スパルタンバーグの3都市から集まった34人のメンバーで結成され、地元の教会で歌い始めることから始まりました。

ローレンスのトライシティ・シンガーズとの関わりは、彼が音楽監督として活動していた親友がその職を辞したことがきっかけでした。ローレンスは自身のゴスペル曲を発表したいという思いがあり、すぐにグループに参加し、1993年には彼らのデビューアルバム「A Songwriter’s Point of View」を発表しました。このアルバムはゴスペルチャートで第2位にランクインし、ステラ賞やNAACPイメージ賞に複数回ノミネートされる成功を収めました。

しかし、グループの初期は挑戦的な時期でした。ローレンスは1995年のインタビューで「最初のツアーでは、旅費を賄えるほどの収入を得るまでに長い時間がかかった」と述べています。また、遠方での公演にも関わらず約束されたギャランティが支払われないこともあり、グループは300万円以上の借金を抱えることになりました。

名盤中の名盤「Bible Stories」リリース!一気に大ブレイク!!

1995年、彼らの2枚目のCD「Bible Stories」がリリースされ、一躍有名になりました。ナッシュビルのWFSKラジオ・アナウンサー、チャールズ・ハウズ師はこのアルバムについて「これまでで最高のアルバムの一つだ」と高く評価し、アトランタでは頻繁に放送されるほどの人気を博しました。アルバムはクワイアのベストセラーとなり、30万枚以上を売り上げました。

「Bible Stories」はイエスの誕生にまつわる聖書のストーリーをミュージカル風にアレンジしたもので、「Stranger」「I am God」「A Message for the saints」「Bethlehem Morning」など、その後黒人教会で歌われることになる楽曲が収録されています。このアルバムはローレンスが新設したレーベル、クリスタル・ローズ・レコードからリリースされ、スパロウ・レコードを通じて販売されました。

ドナルド・ローレンスのキャリアは、1990年代後半から2000年代にかけてさらに飛躍しました。彼は「Don’t Be a Menace」のサウンドトラックから「Don’t Give Up」という曲をR&Bのトップ30ヒットに押し上げる大成功を収めました。この曲は、カレン・クラーク・シェアード、ヘゼカイア・ウォーカー、カーク・フランクリンとの共同制作で、彼の多様な才能と幅広い音楽的影響力を示す作品となりました。

2000年には、ドナルド・ローレンス&ザ・トライシティ・シンガーズがEMI Gospelと契約を結び、新たなステップを踏み出しました。彼らはリードシングル「Testify」のマキシCDをメインストリーム市場にリリースし、ジュニア・ヴァスケスが手掛けたハウス・リミックスはビルボードのメインストリーム・ダンス・チャートで33位にランクインしました。そして2000年の夏の終わりにリリースされたアルバム「tri-city4.com」は、ビルボードのトップゴスペルチャートで2位、ヒートシーカーチャートで13位にランクインする成功を収めました。

このアルバムは、カレン・クラーク・シェアード、キム・バレル、ケリー・プライスが参加したオールスター曲「God’s Favor」を含む豪華な内容で、ゴスペル音楽界の重要な作品として評価されています。またこの中でも私が特にお気に入りとする「When The Saints Go To Worship」も、後にベニタ・ワシントンによってカバーされるなど、彼の楽曲は多くのアーティストに影響を与え続けています。ローレンスの音楽は、ゴスペル界における彼の重要な役割と影響力を明確に示しています。

ソロ活動開始と、Tri-City Singers 活動休止!

ドナルド・ローレンスの音楽キャリアは、2000年代初頭に新たな節目を迎えました。彼は、トライシティ・シンガーズとしての成功を背景に、ソロ活動へと踏み出しました。

2002年、ローレンスは「The Best Is Yet to Come」をリードシングルとするアルバム『Go Get Your Life Back』に続く作品を発表しました。このアルバムには、アン・ネスビーやウォルター・ホーキンス主教などのゴスペル界の重鎮がゲスト出演しています。2003年には、新曲2曲を含むベスト盤『Restoring The Years』をリリースし、彼の音楽キャリアを振り返る機会を提供しました。

ローレンスの初のソロアルバム『I Speak Life』は、彼にとって新しいスタートを象徴する作品でした。このアルバムは、ベリティ・レコードとの新たな契約の下、彼自身のサブレーベルであるクワイエット・ウォーター・エンターテイメントからリリースされました。ドニー・マクラーキン、ヘゼカイア・ウォーカー、フェイス・エヴァンス、リチャード・スモールウッド、カール・トーマスなど多彩なアーティストが参加し、ジャズ界のラムゼイ・ルイスとレイラ・ハサウェイは「Don’t Forget To Remember」のリメイクに参加しました。『I Speak Life』はステラ・アワードで6回受賞するなど、高い評価を受けました。

2006年3月、トライシティ・シンガーズは活動を終了し、その記念として「Final Act I」と「Final Act II」の2枚のアルバムを同時リリースしました。これらのアルバムは、最後のライブレコーディングをCDとDVDに収録したもので、多くの著名なゴスペルアーティストが参加しました。「The Blessing Of Abraham」はグラミー賞にもノミネートされました。

その後、ローレンスは2009年に2枚目のソロアルバム『The Law of Confession Part I』をリリースし、ソロアーティストとしての活動を続けました。そして、2018年には、ドナルド・ローレンス&ザ・トライシティ・シンガーズ名義で久しぶりのアルバム「Goshen」を発表しました。この復活は、彼の音楽キャリアに新たな章を加えるものであり、彼の影響力と才能の継続を示しています。

投稿者

kingbee33@gmail.com

Satisfy My Soul(略してサティマイ)です。私達は2006年結成、関西(大阪/ 神戸/ 京都)、関東(東京)、中部(名古屋栄)、九州(福岡博多)の4拠点で活動するゴスペル教室です。 コンセプトは「大人の部活」歌い方を教えてもらうだけでなく「自分がどう歌いたいのか?」自分の力で少しずつ掘り下げていきます。 大人になった今だからこそ夢中になれるものが欲しい!!そう思うあなたにぴったりのゴスペルスクールです。 ♪サティマイとは?→プロフィール ♪講師紹介→講師プロフィール ♪無料体験レッスン→申し込みフォーム ♪お問い合わせはこちら ♪お電話でのお問い合わせは→0120-949-386

関連記事

Dottie Peoples / ドッティ・ピープルズ

ドロシー・ノーウッドに誘われシンガーの道へ ...

すべて読む