祝!難波教室・開校!

難波校

2019年2月1日!難波教室、無事新規開校!

2月1日(金)、大阪メトロ・地下鉄御堂筋線なんば駅、そして近鉄奈良線大阪難波駅から徒歩3分の駅近音楽スタジオ「スタジオ246難波店」において、Satisfy My Soul ゴスペルの難波教室が新規開校しました!

予想はしていたけど、当然のことながら旧心斎橋教室メンバーはほぼ全員参加!そして新規体験レッスンのお申し込みはこの日は6人!本当は8人の予定でしたが当日体調不良でお二人が次週に延期されました。インフル大流行中ですからね~。お大事に!!

というわけでそんなに広くないスタジオはすし詰め状態!!!!

街の小さなゴスペル教室という立ち位置

かつてはうちの教室も一時期関西だけで200人近いメンバーが在籍し、東京や名古屋を合わせると300人近いメンバーがいて全国的に観てもまあまあ大きなゴスペル教室の部類に入ったと思います。でもはっきり言ってそれだけの人数を抱えてやれるほどの器量はなく、いろんなところで仕事が雑になっていきました。

かなりキツイ経験ではありましたが、沢山の方から4年前にいろんなご指摘をいただきました。確かに慢心していた部分もあり、また少数のファミリーでの運営にもかかわらず大規模な会社のように見える見栄も張っていました。それらをすべてやめて約1年半ほど新規募集もストップし人数は1/3まで激減しましたけれど、それでも残ってくれた数十名のメンバーと共に再出発し、再び新規募集を再開したのが2017年でした。

それからは小さい教室だからこそできる活動を地域単位でやるようになりました。老人ホームやデイケアセンターでのボランティア、コンサートも大きなホールでやっていたのを中小規模のライブハウスや教会に移しました。

実はこのような活動は負け惜しみではなく本当に、前からやりたかった活動でした。団体が大きすぎて出来なかった地域のコミュニティとのタイアップ活動。専門の音響業者さんに頼まず、自転車でスピーカー一個だけ持っていくようなボランティアや、一つのイベントをみんなで分け合い応援しあう今のスタイルは、大規模の時にはできなかったし、正直言うと今のような「町の小さなゴスペル教室」の方が性に合ってるし充実した活動ができていて幸せです。

体験レッスンに参加してくれた6人、全員入会!

昨日のスタジオでのみんなの歌声は、本当に素晴らしいものでした。従来のメンバーは歌うたびに新しいフィーリングをつかんでいたし、体験レッスンに来てくれたメンバーもしっかりとした参画意識を持ち、僕たちのコンセプトをしっかりと理解してくれたうえでちゃんと自ら楽しんでくれていました。これはとても大事なことだと思います。

学業を終え社会に出て、しっかりと周りの環境に交わるコツを持った大人だからこそ日常の生活のほんの一部である金曜日の夜に、ちゃんと自分で自分をほめたり認めたりできる場所を持っているのはとても大切だと思います。

体験レッスンに来てくださった6人の皆さんも、それぞれが自分の歌に向き合うきっかけとしてウチをとらえてくれていたし、はじめてやることだけじゃなく、自分が今まで見てきたり聴いてきたりしたことで生まれた人生の価値観なども積極的に声に乗せようとしてくれました。本当に素晴らしい方たちでした。そして即決で全員が入会!このソリッドな感じ、大好きです!!

タイトルとURLをコピーしました