日々のトレーニングにおいて呼吸術の習得は非常に重要です。基本的な腹式呼吸の練習から始め、徐々に歌唱における呼吸のタイミングとコントロールを学びます。特に、息を吐く際のコントロールは、歌のフレーズを安定させるために重要です。ヨガやメディテーションなどの他の分野で使われる呼吸法の取り入れも有効です。

K&M Music Schoolによると、呼吸練習はパフォーマンス中の不安を軽減し、集中力を高める助けになります。深くリズミカルな呼吸は、リラクゼーション反応を引き起こし、不安や焦りを鎮めます。また、呼吸技術が自然になることで、自己コントロール感と自信を提供します。

具体的な呼吸練習としては、深呼吸、腹式呼吸、パーズドリップ呼吸、交互の鼻呼吸、ため息のような呼吸などがあります。これらの練習は、肺の容量を拡大し、最大限の空気を取り入れることができるようにします。また、これらの練習を日々5-10分実施することで、呼吸サポートの習得が進むでしょう。

Zing Instrumentsでは、練習による横隔膜の強化の重要性を指摘しています。横隔膜が適切に使われないと、力が低下し、パフォーマンスが制限される可能性があります。呼吸練習は、横隔膜筋を頼りにする呼吸システムを再トレーニングするのに役立ちます。

以下は、歌唱における呼吸技術を向上させるための13の練習方法です。

  1. 張り詰めた横隔膜筋を緩める: 横隔膜を使って連続して呼吸することは、一般的な呼吸問題の中でも特に歌手に多いです。この練習では、手と膝を地につけた状態で横隔膜周りの筋肉に焦点を当て、緊張を解放します。
  2. 最適な呼吸コントロールのためのヒッシングサウンド: この呼吸技術は、低音を出す際に身体を傷つけずに呼吸を練習するのに役立ちます。座ったり立ったりしながら、一定時間吸息し、息を吐く際に「sss」という音を出します。この練習は、特に息のコントロールや持続力を強化するのに役立ちます。この方法では、息を吸った後、「sss」という音を出しながらゆっくりと息を吐きます。この「sss」という音は、まるでヘビが発するヒスという音のように聞こえることから、ヒッシングサウンドと呼ばれます。この音を出す際には、歯を軽く噛み合わせ、舌を使って空気の流れを制御します。ヒッシングサウンドの練習は、呼吸筋の強化、横隔膜の使い方の改善、そして歌唱時の息の使い方の調整に役立ちます。また、長いフレーズを歌う際の息の持続力を高めるためにも効果的です。歌手や演説者など、声を職業的に使用する人々にとっては、非常に重要な練習方法の一つです。
  3. より柔軟な横隔膜のためのバウンシーヒッシングサウンド: 歌の速い部分や難しい部分に達すると呼吸が難しくなります。この練習では、高低の音を交互に出しながら、「sss」という音を不規則にします。
  4. 深い呼吸のためのゆっくりした呼吸の練習: 胸からの浅い呼吸ではなく、横隔膜を使った深い呼吸を練習します。片方の鼻を指で塞ぎ、もう片方の鼻から息を吸い、吐きます。
  5. 正しい歌唱姿勢と声の持続力の練習: 正しい歌唱姿勢は、どんな練習においても重要です。立った状態で、ゆっくりと呼吸しながら、正しい姿勢を保ちます。
  6. 平らに横になる: 歌う際に背中を平らにして横になると、横隔膜のみを使って呼吸することになります。これは、歌唱初心者や横隔膜から息を引き出すのが難しい人に役立つ練習方法です。
  7. ヨガの呼吸法: ヨガの最初に学ぶ技術であるヨガの呼吸法は、歌唱においても役立ちます。目を閉じ、鼻からゆっくりと息を吸い、肺の容量を段階的に増やしながら、息を保持します。
  8. スナッチドブレス: この人気のある練習では、歌うときに喉の緊張を解放することに集中します。肺を小分けにして息を吸い、ゆっくりと息を吐き出します。
  9. 呼吸コントロール技術: 息を肺に取り込んだら、横隔膜と腹部の筋肉を使ってそれをコントロールする必要があります。横隔膜を使って、強い声で歌うための力を確保します。
  10. 吸気のための呼吸練習: このシンプルな呼吸練習では、素早く完全な息を吸い込むことで、声を楽器に合わせます。
  11. 呼気のための呼吸練習: 歌唱において適切な呼気を保つためには、滑らかで一定のプロセスが必要です。部屋の中で羽を吹き飛ばす練習をすると良いでしょう。
  12. あくびの練習: あくびの練習は、適切な呼吸を学び、歌声を改善し、声の筋肉をリラックスさせるのに役立ちます。
  13. ストロー練習: ストロー練習は、ストローを通してハミングすることで行われます。息をストローに集中させながら呼吸に注意を払い、顔と体を完全に静止させることを学びます。

これらの練習方法は、歌唱における呼吸技術を向上させるのに役立ちます。

Voices Incによると、腹式呼吸を行う際、胸や肩を動かさずに、鼻から深く息を吸い込み、口と鼻から息を吐き出すことが推奨されます。これにより、上半身の緊張を減らし、良いボーカルを生み出すのに役立ちます。

Vocalistは、歌手としての呼吸には、肺をできるだけ速く、多くの空気で満たすことが鍵であると説明しています。このためには、横隔膜を適切に活用する方法を学ぶことが重要です。横隔膜は、息を吸う際に肺を下に引っ張り、胸にもっと空気を取り入れるスペースを作ります。

これらの練習を通じて、歌唱中の呼吸コントロールが向上し、より安定した歌声と表現力の向上が期待できます。日々の練習として、これらの呼吸練習を組み込むことで、歌手としての技術を磨き詳しく調べるために、これらの検索結果をご覧ください。

投稿者

kingbee33@gmail.com

Satisfy My Soul(略してサティマイ)です。私達は2006年結成、関西(大阪/ 神戸/ 京都)、関東(東京)、中部(名古屋栄)、九州(福岡博多)の4拠点で活動するゴスペル教室です。 コンセプトは「大人の部活」歌い方を教えてもらうだけでなく「自分がどう歌いたいのか?」自分の力で少しずつ掘り下げていきます。 大人になった今だからこそ夢中になれるものが欲しい!!そう思うあなたにぴったりのゴスペルスクールです。 ♪サティマイとは?→プロフィール ♪講師紹介→講師プロフィール ♪無料体験レッスン→申し込みフォーム ♪お問い合わせはこちら ♪お電話でのお問い合わせは→0120-949-386

関連記事

ヴォーカリスト

ボーカルヘルスの維持方法

健康な声はゴスペル歌手にとっての貴重な資産で...

すべて読む