アメリカのトップ歌手たちが日々のトレーニングで重視しているのは、効果的な呼吸法です。彼らは、腹式呼吸を基本にしています。この呼吸法では、深く息を吸い込むことで、肺により多くの空気を取り入れ、声の強度と持続力を高めることができます。歌唱中の息の使い方にも注意を払い、効率的に息を使ってパワフルでクリアな声を生み出すことを目指しています。

腹式呼吸は、歌手が歌唱中に必要な十分な空気を確保するための基本的な技術です。K&M Music Schoolによると、深いリズミカルな呼吸はリラクゼーションの反応を引き起こし、焦りや不安を鎮める効果があります​​。また、呼吸法をマスターすることで、自信を持って歌唱に取り組むことができ、筋肉の記憶が形成されます。これにより、緊張していても適切な呼吸が自然と行えるようになります。

Music Grottoによれば、適切な姿勢を取ることも重要です。体をリラックスさせ、肩幅ほどの足幅で立ち、体重を少し前方に傾け、肩は後ろに引いて下げることが推奨されています​​。これにより、身体がリラックスし、歌唱能力が最大化されます。

また、SingWiseは、腹式呼吸が「お腹からの呼吸」と誤って呼ばれることがあるが、実際には、腹部と下肋骨領域での動きが自然な呼吸中に最も顕著に見られるためであると説明しています​​。この呼吸法においては、横隔膜が下降する際に、内臓に少しのスペースを作り出し、それによってお腹が膨らむのです。横隔膜の動きを活用することで、肺がより効率的に、完全に満たされ、呼吸のサポート筋肉との良好な接続が可能になります。

アメリカの歌手たちは、これらの呼吸技術を日々のトレーニングに取り入れ、効果的な呼吸法を身につけることで、自身の歌唱能力を大きく向上させています。これにより、彼らはステージ上で長いフレーズを力強く、また感情豊かに歌い上げることが可能になり、聴衆を魅了する歌声を生み出しています。

投稿者

kingbee33@gmail.com

Satisfy My Soul(略してサティマイ)です。私達は2006年結成、関西(大阪/ 神戸/ 京都)、関東(東京)、中部(名古屋栄)、九州(福岡博多)の4拠点で活動するゴスペル教室です。 コンセプトは「大人の部活」歌い方を教えてもらうだけでなく「自分がどう歌いたいのか?」自分の力で少しずつ掘り下げていきます。 大人になった今だからこそ夢中になれるものが欲しい!!そう思うあなたにぴったりのゴスペルスクールです。 ♪サティマイとは?→プロフィール ♪講師紹介→講師プロフィール ♪無料体験レッスン→申し込みフォーム ♪お問い合わせはこちら ♪お電話でのお問い合わせは→0120-949-386

関連記事

ヴォーカリスト

ボーカルヘルスの維持方法

健康な声はゴスペル歌手にとっての貴重な資産で...

すべて読む