Blind Willie Johnsonの画像

Blind Willie Johnsonは、1920年代から1930年代にかけて活動したアメリカのゴスペルブルース歌手であり、スライドギタリストです。彼の音楽は、深い宗教的情熱と生の表現力で知られており、その歌声とギター演奏は今日でも高く評価されています。Johnsonの曲は、彼の個人的な苦難と信仰を反映しており、特に「Dark Was the Night, Cold Was the Ground」は、彼の代表作として広く認知されています。この曲は、ジョンソンの内省的なスライドギター演奏と、言葉を超えた感情的なボーカルが特徴です。彼の音楽は、ゴスペルとブルースの境界を曖昧にし、後世の多くのミュージシャンに影響を与えました。

ブラインド・ウィリー・ジョンソンは1897年1月22日、テキサス州インディペンデンスに生まれた。母親は彼が幼い頃に亡くなり、父親は後に再婚している。

ジョンソンが7歳になろうかという頃、夫婦げんかをしていたところ、継母が灰汁を投げた。それはジョンソンの父親には当たらず、傍にいたウィリーの目にかかってしまいウィリーの目は一瞬にして見えなくなった。

その後、大きな四角いブリキ缶を加工した手製のギターを父親に作ってもらい、毎日それを弾いて彼独特の技法を編み出してゆく。彼は生きるために街角でギターを弾きながら帽子を渡してお金を稼ぎ、その習慣はバプティスト伝道師(ギター・エヴァンジェリスト)になっても続けられた。1920年代後半には、妻のアンジェリンとデュエットでブルージーな賛美歌をダラス周辺の教会で演奏していた。

「ギター・エヴァンジェリストは、20世紀初頭にアメリカで活動した一連のゴスペルミュージシャンで、その中にはBlind Willie Johnsonのようなアーティストが含まれます。彼らは、ギターを伴奏にして宗教的な歌を演奏し、ゴスペル音楽におけるギターの役割を革新しました。この時代のギタリストたちは、独自のスライドテクニックやフィンガーピッキングスタイルを用いて、深い感情表現と宗教的メッセージを伝える音楽を創り出しました。彼らの音楽は、後のブルース、フォーク、ロックミュージックにも大きな影響を与えています。」

ギター・エヴァンジェリスト
ALCD 4968

1927年、ジョンソンはコロンビア・レコードと契約し、彼の最も長く愛されるゴスペル・ブルースの曲、”Mother’s Children”, “It’s Nobody’s Fault but Mine”, “Jesus Make Up My Dying Bed “などを録音した。これらはすべてヒットし、 その後さらに多くのヒット曲が生まれました。 “Dark Was the Night – Cold Was the Ground”, “God Don’t Never Change”, “Let Your Light Shine on Me “などです。

ジョンソンは1930年以降はレコーディングをせず、街角で説教をしたり歌ったりすることを続けていた。1947年、ジョンソン夫妻の家が全焼した。この火事で家を失った彼は雨の日などは濡れた床で寝る日が多くなり、風邪をひいてしまうが、生活の為に街角で歌い続けた。そして彼は肺炎を発症し、1週間後に亡くなった。妻は看護婦に転身し、公の場から引退した。ジョンソンの音楽は、ボブ・ディラン、ポップ・ステイプルズ、エリック・クラプトンなどによるカバー・バージョンで生き続けている。

元ネタ:The Gospel Legend.com, The Gospel Music Encyclopedia , Gospel Industry Today, Wikipedia ほかいろんな本やネットの情報や過去に先輩に教えてもらった知識

Blind Willie Johnson
通い放題・歌い放題ゴスペルレッスン

\🔰2時間まるっと無料体験/

/月初めがお得♪体験月無料キャンペーン実施中!!\

投稿者

kingbee33@gmail.com

Satisfy My Soul(略してサティマイ)です。私達は2006年結成、関西(大阪/ 神戸/ 京都)、関東(東京)、中部(名古屋栄)、九州(福岡博多)の4拠点で活動するゴスペル教室です。 コンセプトは「大人の部活」歌い方を教えてもらうだけでなく「自分がどう歌いたいのか?」自分の力で少しずつ掘り下げていきます。 大人になった今だからこそ夢中になれるものが欲しい!!そう思うあなたにぴったりのゴスペルスクールです。 ♪サティマイとは?→プロフィール ♪講師紹介→講師プロフィール ♪無料体験レッスン→申し込みフォーム ♪お問い合わせはこちら ♪お電話でのお問い合わせは→0120-949-386

関連記事

Dottie Peoples / ドッティ・ピープルズ

ドロシー・ノーウッドに誘われシンガーの道へ ...

すべて読む