When the battle is over /Benita Washington

和訳
Benita Washington – When The Battle Is Over

Benita Washington の名作「Hold On」から

2004年にLight Recordsからリリースされたデビュー作「Hold On」はいきなりビルボードのチャートの6位に入る大ヒット作となりました。Light Recordsといえば、僕の大好きな「The Winans」が数々の名作を残した名門ゴスペル・レーベルです。90年代のLight recordsは本当にいいアルバムが多い!

現在彼女はテネシー州ナッシュビルのMt.Zion Buptist Church でワーシップ・リーダーを務めています。

Don’t wait ‘till the battle is over to shout now,
今、叫ぶために戦いが終わるまで待つ必要はない
You know in the end, you’re gonna win.
結局は、勝利することがわかっているんだから
[repeat]

[Verse 1:]
When you’re burdened down with the cares of life and your striving seems in vain.
重荷を背負わされて、人生に疲れてしまって、努力が虚しく思えるときでも
Hold your head up high, your deliverance is nigh’;
頭を高く掲げて。あなたへの救いは近いから

when the battle is over’
戦いが終わるときに
[Chorus 2:]

When the battle is over, [x3]
戦いが終わるときに
we’re going home.
私たちは天国に行く。

[Verse 2:]
When the tears are streaming down and there’s no one around,
涙があふれでて、周りに誰もいなくて、
and you feel like all hope is gone.
すべての希望がなくなってしまったと感じても
Don’t despair, God will be right there;
絶望しないで。神様がすぐそばについているから。

when the battle is over’
戦いが終わるときに

[Bridge:]
Hallelujah [x5]
ハレルヤ(神をほめたたえよ)

*ここでいう戦いとはなんでしょうか。
日々の生活での絶望との戦いでしょうか、サタンの誘惑からの戦いでしょうか。
前者っぽいですね。

homeは家のことですけれど、多分、ここでは天国のことを指すと思うので、そう書きました。

nigh’はnearの古語です。highと韻を踏んでますね。
deliverは配達とかいう意味ですけど、宗教的な救いという意味もあるので、ここではそれです。

他人と比べるんじゃなく自分のゴスペルを探そう!


とにかく気持ちよく!ゆるゴス!


クイーン・アバ・グリー!洋楽コーラス専門!


親子ゴスペル!大阪吹田千里丘・茨木・西宮・天王寺


豊中ジャズ合唱倶楽部/参加費1000円!


豊中ゴスペルウクレレ倶楽部/参加費1000円


タイトルとURLをコピーしました