第四回目 I Must Tell Jesus / Virtue

【メンバー専用】 ウェブレッスン

2021年2月の練習曲

I Must Tell Jesus

アラバマ州にあるオークウッド大学( セブンスデー・アドベンチスト教会が運営する歴史的な黒人大学でTake6♪の出身校でもあるそうです)に通う女性4人によって1994年に結成されたゴスペル・グループ 「Virtue(ヴァーチュ)」 のデビューアルバムからの1曲です。※途中でメンバーが入れ替わり、現在は初期メンバーのカリマ&エボニーの姉妹と、1999年に加わった妹ヘザーの3姉妹で活動しています。

大学での賛美奉仕の為に集まった4人で組まれたグループで「Virtue(美徳)」の名前にも表れているようにとても信仰に厚く、サウンドは当時の若者らしく90年代のR&B♪

カークフランクリンやカートカー・シンガーズと同じように、日本でゴスペルを歌う女性達にとっても影響を与えたグループです。

楽曲がカッコよくて素敵だってことはもちろん言うまでもないんですが、今回サティマイで歌うにあたって彼女たちのことを調べていたら、初期のメンバー2人が子育てに専念するため途中で脱退していたり、グループとしてもそれぞれの家庭の事情で2006年から活動休止、、、と結構でこぼこ道なんです。

乗りに乗っているときに活動休止して、世間から忘れ去られてしまうんじゃないかなっていう不安や、一度手に入れたものを手放すことは、相当勇気が必要だったろうな~と想像してしまいます。

その後、2016年に彼女たちはグループ活動を再開しファンの前に戻ってきてくれました!!

下にあげた映像は3人になってからのものですね~。「You Just Be You」という曲です。

子供の頃より他の姉妹より肌の色が薄いことをからかわれ、そのことを自分自身も長い間悩んできたヘザーの経験をもとにつくらたそうです。「あなたはあなたなんだ」神様が目的をもって私たち一人ひとりを造られているんだよ、自分自身を愛しなさいというメッセージが込められています。

Virtue- You Just Be You

練習1回目、冒頭部分を合わせてみました~。

I must tell Jesus 練習風景 2021.2.6(土)

讃美歌「告げよ主に」

「I Most Tell Jesus」はVirtueのオリジナルではなく讃美歌をアレンジしたものです。1893年、Elishia Albright Hoffman(エライシャ・ホフマン)という牧師さんによって作詞作曲されました。
牧師になったホフマンは貧しい人々の元でみ言葉を伝えていました。ある日一人の女性を訪ねるととても落胆しており深く苦しんでいました。彼は聖書の言葉を引用し彼女を励まそうとしたが、彼女はその困難を乗り越えることができないようでした。そこで彼は、すべての悲しみをイエス様に委ねるより他に良い方法はないことを伝え、「You must tell Jesus(あなたはイエス様に告げなければなりません)」と言いました。彼女の顔に光が当たりそして「Yes!I must tell Jesus(そうです!私はイエス様に言わなければなりません)」と叫びました。しばらく祈った後、立ち上がった彼女の顔は輝いていました。帰る道すがら、ホフマンの耳に「I must tell Jesus」という言葉が繰り返しこだましていました。

日本語でも歌われています。

~~ 聖歌423『告げよ主に』 ~~

1. 告げよ主に 告げよ今 内にある悩みを
御恵みに 富める主は 聞きたまわん 親しく
主の許(もと)に 降ろせ汝(な)が 重き荷の すべてを
御恵みに 富める主は 取りたまわん 残らず

2. 告げよ主に 友にさえ 語りえぬ 事ども
御恵みは 深き海 飛び込みて きよまれ
主の許(もと)に 降ろせ汝(な)が 重き荷の すべてを
御恵みに 富める主は 取りたまわん 残らず

3. 試みを 受けし主は 罪びとの 友なり
試むる 者いずこ 仇(あた)よとく 退け
主の許(もと)に 降ろせ汝(な)が 重き荷の すべてを
御恵みに 富める主は 取りたまわん 残らず

4. 告げよ主に 告げよ今 慰めは 主にあり
力ある 御手を伸べ 主は支えん 汝(な)が身を
主の許(もと)に 降ろせ汝(な)が 重き荷の すべてを
御恵みに 富める主は 取りたまわん 残らず

訳詞に挑戦!

単語の意味と、私なりのイメージを少しメモしています。後は皆さんの言葉で訳してみてください。

間違ってたらごめんなさい。

書き手:のりこ

タイトルとURLをコピーしました