京都大宮/ゴスペル・レッスン/講師:崎原孝彦/スタジオ246kyoto

京都校

みんなが予習してくれていたのでニュアンスやリズムの指導がスムーズにできました。(崎原)

各校のレッスンが終わるとその日のうちに講師の先生からLINEで写真付きのレッスン日誌が送られてきます。

月の前半はまだ課題曲の音を覚えて来てない人が多くて「苦労しました~」とか「イマイチでした~」とか、ちょっと残念なコメントが付いてたりもします。

うちの講師はさっきー先生も直ちゃん先生も、もう僕との付き合いは20年ちかくになります。ずっと途切れることなく一緒にやってきてるわけですから、曲の好みやニュアンスの解釈なんかもめちゃくちゃ似てきますし、なんといっても課題曲を心から愛してくれています。

そんな感じだからレッスンの前には、「この曲のココは胆だから一生懸命に伝えよう」とかいろいろやることを決めて、僕を含め土の先生もそれをすごく楽しみにしています。なのでみんなが最低限のパート音の予習をしてくれていると、楽しみにしていたやりたかったレッスンができるのでとてもうれしいのです!!!

実際にライブができるハコ型スタジオ

わたしたちが京都大宮のゴスペル・レッスンで借りているスタジオは最近のスタジオ246さんの売りの一つである「Lスタ」というやつで、40畳以上の大きなスタジオで中にはステージも組んでいて土・日は50人~80人規模のライブもできます。

歌の練習はどんな場所でも可能だと思いますけど、このようなステージに立って練習したらいつもと違って気分が変わります。この「その気」になった状態で歌うことが歌の上達にはとても大切だと思いますので、ここや神戸三宮のステージ型スタジオはサティマイの音つくりにはとても大切な環境です。

業務提携しているのでメンバーは全員1割引き!

タイトルとURLをコピーしました