次回のコンサートが決定しました。7月14日(土)カトリック夙川教会


夏のコンサートが決定しました。なんと今年は「カトリック夙川教会」で歌わせていただきます。 20代の後半、父親の仕事の手伝いで神戸の造船所に通っていました。その時に阪神大震災があり、阪神高速をはじめ主要道路ほ壊滅状態となり、使える道路もそのほとんどは救援物資運搬が優先されましたので、大阪から神戸に通うのに毎日6時間くらいかけて裏道を駆使していたのですが、そのルートとして西宮~夙川~芦屋~三宮を結ぶ「山手幹線」を使っていました。 とはいってもこの地域の被害も甚大で、何か月も道路はがれきのために寸断された状態だったので、普段であれば車が通らない細い路地を使い何度も迂回しながら通っていました。そのため仕事よりも通勤の疲労の方が大きく、特に夙川~芦屋間は大きな被災地域だったので迂回できる路地も限られてて大変苦労しました。 すれ違いにも神経を使う細い路地で何時間も渋滞の中を運転しているとき、やっと広い道に出てあともう少しと思えたのはこの「カトリック夙川教会」の建物が見えたときでした。この教会も震災で大きな被害がありましたが、礼拝堂などは倒壊しなかったので、毎日しんどい運転をしながら、教会が目の前に見えたら救われた気持ちになれたのを覚えています。 そういう思いもあったからか、ゴスペルを始めてから「いつかはあの礼拝堂で歌ってみたい」という気持ちがあり、5年前に勇気を奮ってお願いに行きましたが、その時は「当教会では大正12年の設立以来、教会のイメージに沿うミサ曲を歌う聖歌隊かもしくはクラシック音楽などしか許可を出したことはないんです」と言われました。 その後も何度かお願いに行きましたが、色よい回答は得られずでした。それでもあきらめきれずこのたびもう一度お願いさせてもらったところ、やっと司祭様からの許可をいただくことができました。100年近く続く教会の歴史の中ではじめてのゴスペル・コンサートです。 日時は2018年7月14日(土)、入場料は無料です。はじめての会場ですし、教会に通う方や兵庫の人たちにとっても大切な場所ですので、ご迷惑が掛からないよう心して臨みたいと思います。コンサートの最後は通常のアンコールではなく、礼拝堂におられるすべての方と共にワーシップ(賛美)する時間を持ちたいと思います。クワイアのメンバーもお客様も関係なく、みんさんが好きな場所で自分の為、愛する人のため、そして神様に感謝をささげるために歌う時間です。一人でも多くの人が礼拝堂で心静かに祈りの時を持ち、来てよかったと思っていただければいいなと思います。 ●開場●15:30 ●第1部●16:00スタート 出演/ 親子ゴスペルTiny Steps、Rock-a My Soul ●第2部●18:00スタート 出演/ Satisfy My Soul ●賛美タイム●19:30~20:00 一緒に歌いましょう♪ ●入場料●無料です ※礼拝堂の中は撮影・飲食禁止です。ご了承ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加