AMAZING GRACE  アメージング・グレイス歌詞

アメージング・グレイス

 

私たちは過去に幾つかのアレンジでこの曲を歌ってきました。

今シーズン歌うアメージング・グレイスはその中でももっともシンプルでベーシックなものです。バックもピアノとオルガンのみ。メロディやハーモニーにほとんど装飾的なものを加えないがゆえに、今までのコンテンポラリー・ゴスペルのようなわかりやすい場面展開に頼らない、本当の意味での「フィーリング」による表現力を必要とします。

今回の私たちの歌うバージョンの歌詞はVERSE3まで。本来はVERSE7まであるようですが、このたびは場面を「現在」「過去」「未来」にわけた形で演出したいのでVERSE3までを選択しました。

Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.

アメージング・グレース
何と美しい響きであろうか
私のような罪深い者までも救ってくださる
かっては迷いの中にいたが、いまははっきりとわかる。
今まで見えなかった神の恵みを今は見出すことができる

‘Twas grace that taught my heart to fear,
And grace my fears relieved,
How precious did that grace appear,
The hour I first believed.

恐れに支配された私の心を神の惠みこそが諭し
その恐れから心を解き放ってくれた
信じる事を始めたその時の神の恵みのなんと尊いことか

Through many dangers, toils and snares
I have already come.
‘Tis grace hath brought me safe thus far,
And grace will lead me home.

これまで数多くの危機や苦しみ、誘惑があったが
私はいつもそれを乗り越えることができた。
神の恵みはこれまでも私を守ってくださって、これからも私を正しい場所に導いてくれるだろう。

私がいつも生徒さんにレッスンで伝えていることがあります。英語の歌を歌うとき、訳すことはとても大事なことだけど、だからといって言葉に操られないようしてください。

全ての行、すべてのワードに感情移入するということは作者にしかできないと私は思っています。歌詞は「俳句」ではありません。俳句はそこにチョイスされた「単語」や「描写」を一言ひとこと大切に味わうのが楽しみですが、歌詞は17音に凝縮されたものではなく、言葉としては膨大です。全ての歌詞が目や耳から入ってきたときに最後に残るしっかりとした「イメージ」こそが歌手にとって大切なものだと思います。

私の場合は2番(青色の部分)にある「恐れと向き合うことを教えてくれた」という部分が、私個人にとっては過去の体験とも重なり、とても共感できるものです。とても有名な1番の歌詞よりも、私の心に響いたのはこの2番の歌詞ですし、逆に言えば2番があるからこそ、1番のテーマが歌いやすいのです。また2番で歌う「過去」がしっかりとした風景を作るから、3番の「未来」への確信につながるし、1番の「現在」を歌う根拠が生まれます。

ちょっと硬い書き方をしてしまいましたが、要は歌い手それぞれが歌詞に書かれる沢山の言葉の中から、「自分の為に用意された」と思われる箇所を見つけて、そこを中心にして前後の歌詞を心の中で自分流に解釈しながら意味づけしてほしいと思っています。

歌い手ひとりひとりがしっかりと自分の風景や、心の置き所を持ったゴスペル・グループは、同じ歌を歌っていても曲の中に「うねり」を生み出すことができます。なぜならみんなそれぞれ大事なものを持っているし、価値観やフィーリングは同じではないから。

誰かが書いた「歌詞」を「そのように思わなければいけない」のではなく、「自分はその歌詞から何を感じ、何を学び、そしてどのようなものが新たに自分から生み出されるか」が大事です。

「自分が誰であるか?」

私にとっての「アメージング・グレイス」はそれを私に教えてくれた神の恵みを歌ったものです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加